今一番モーターレース?!ドローンレースで熱くなれ!

部品について

ドローンレースに使う機体を構成している主な部品にはフレームにモーター、プロペラやバッテリーといったものから、フライトコントローラーにモーター制御を担うESC、さらには送信機やカメラなどと多岐に渡ります。さらに、この本体以外にもプロポと呼ばれているコントローラーや、ドローン視点でレースを楽しむことが出来るFPVゴーグルなどの部品も必要となります。

このように、ドローンレースに参加するためにはドローンの機体についての知識を身に付けなければいけません。万が一レース中に故障をしてしまったら、その場で修理をしなければその後のレースに参加をすることが出来ません。そのため、スタッフはもちろんのこと、オペレーターも膨大な部品についての知識を持っておく必要があるのです。さらに、部品だけでなく制御ソフト用ウェアの調整も必要です。

多くの部品に対する知識がドローンレースには必要となります。そのため、レースに参加する場合には最低限の修理の技術を持っておくことが求められます。その他、制御用のソフトウェアなどの幅広い知識が必要となるため、チームを組む場合には自分の得意分野を持ったプロフェッショナル集団を編成しておく必要があるのです。