今一番モーターレース?!ドローンレースで熱くなれ!

高度を掴む練習

一般的なロードレースと違い、ドローンレースは空中で競争を繰り広げるという特徴をあります。航空法上は150m未満までは上昇することが出来るドローン。空撮の撮影などでは30m前後まで飛ばすことが多いです。ドローンレースにおいても、この高さが勝負を握っています。そのため、この高さを認識する能力を身に付ける訓練をする必要があります。

では、このような高さの認識能力を掴む方法にはどのような練習方法がベストなのでしょうか。一般的な練習方法は5mごとにホバリングと上昇を繰り返すというものです。繰り返し繰り返し身体で覚えることによって、次第に高度の感覚が掴めるようになってきます。これを正しく行うためにはドローン用のスマートフォンアプリを使うと良いでしょう。多くのアプリには高度計も付いているため、今ドローンがどのくらいの高さにあるのかはっきりと表示してくれます。

高さの感覚を掴むことがドローンレースで勝利するための近道となります。高度認識能力を高めるためには、5mごとに上昇とホバリングを行う練習が効果的です。正しい数値はスマートフォンなどのアプリを使うことが勧められます。これを続けることによって、高度計を見ることなく正確な位置でドローンを静止させることが可能になります。